株式会社キッズ&エム 朝倉算数道場

授業について

授業参観

ママの授業参観は歓迎します!

朝倉算数道場では、入会後保護者の方の授業参観ができます。(お子さんが登録されている講座に限ります。)

授業風景

在籍していないお子さんやその保護者は見学できません。 原則として1家庭につきお一人の参観とさせていただいております。小さなお子さん、小、中学生の見学はできません。

また、在籍生であっても登録されていない講座の見学はできません。

教室後方にパイプいすなどをご用意しておりますので、そちらにおかけになってご見学ください(数に限りがありますので早い者勝ちです。)

立って見ていただいても結構ですがしんどいと思います。ただ、授業中の井戸端会議はお控えください。授業の録画、録音もご遠慮ください。

授業報告

授業報告いたします!

朝倉算数道場では、毎回の授業内容を記した「授業報告」をメールでお送りして保護者の方にお知らせしています。

授業報告は毎回メールで基本的に次の授業の日までにお送りします。

(ドメイン指定受信で「sansu.co.jp」を許可するように設定してください。)

その他、早々にご報告させていただきたいことがある場合は、メールにて随時、ご連絡させていただきます。講師のやむをえない事情により、授業報告をお休みさせていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

授業報告例

『☆月♪日』 授業報告

タイトルは『分数1』でサブタイトルが『異分母の たし算・ひき算』と『分数どうしのかけ算・わり算』。そんな簡単な単元なら、 いらんわって思ってもらったら大間違い!あさくらくんが、そんなばかばかしいことを 真剣にやるはずないもの。まず、『分数の大小』。実は、4つのパターンがあって 分母が同じ』、『分子が同じ』、『分母と分子の和が同じ』、『分母と分子の差 が同じ』があります。数が小さければわかりやすいですが、分母も分子も3けたと なると判別が難しくなります。でも基本は『分子のでかい方がでかい!』 という事なんです。

そして、5番の『比例配分』。これの本質は 『比と比例式』の単元でやりました。簡単だったようです。次は『無理やり通分』。 通称『ムリ通』。分母ではなく、分子をそろえて考えるというものです。 次回はこれの発展型をやります。そちらで本当に理解しているかどうかが 判明します。そしてメインの『部分分数分解』。舌をかみそうなネーミングですね。 計算を簡単にする醍醐味を味わえる一品です。

わかれば、とっても気持ちよく解けます。 この心地よさが算数が好きになる原点でしょうね。感動もんですもん。

9番は触れていません。まぁ、分数の形にした倍数算とでも言いますか、ただの比例配分です。10番が一番 レベルの高い『既約分数の和』。『約分できない』という言葉の本質は何かってことです。 見た目で『ひとつずつ約分できるかどうかを判定』するのは『知恵なき子』。 分母を素因数分解し、分子がそこに出てくる『素数』の倍数は全て約分できますから、 それ以外が『既約分数』となります。その和は大変おもしろい仕組みになっていて、 たいがいの場合、和が整数になるペアの集合体になります。

文才のない私が、このような文章で表現するのは難しいですから、この程度で止めておきますが、興味がおありなら わが子に説明させてください。たぶん失敗すると思いますけど……うまく説明できたら、 手をたたいて『賢い!!』ってほめてあげてくださいね。今後、ママがヒステリーを 起こす回数が半減すること請け合いです。だって、またママを喜ばそうと必死になって 授業に集中しますから必ず成績が上がりますもん。

ページトップへ